2012-05-12

ADHDの人と上手く付き合うには?

ADHDの人と上手く付き合うには?

http://homepage2.nifty.com/ryantairan/a10.html

 ・行動を否定しても人格を否定する発言は控えましょう。

 ・物事を整理しながら行動するのが苦手なので、ある程度枠組みを決めて

  具体的に支持します。

 ・叱るより褒める方向でヤル気を出させます

 ・人それぞれの個人差を尊重しましょう。

 

違う! まったく間違ってる!

 

もし、あなたの周りにADHDの人がいたら……

 

☆まずは選別です。

 下に列挙したような有効活用ができるかどうか見極めましょう。

 使い勝手よりも不愉快さがつの場合には、ギャンギャン罵倒して、

 嫌われ者であることをハッキリと分からせてやって、自分たちの

 人間関係から蹴り出しましょう。

 もしも我慢できる程度の迷惑さ加減だったら……(以下つづく)

 

☆細かい整頓や段取り力がいるタスクに直面させて、ネチネチとダメ出しして

 優越感にひたりましょう。

 

☆どんなゆるい飲み会でも集合は時間厳守! 集まったらすぐに移動して

 置き去りにしてやりましょう。

 ケータイ電話して合流しようとしたら、何度かかってきても

 「場所? 教えないよ~ん(笑)」とブツ切りして笑いものにしてやりましょう。

 とても愉快です。

 

☆同時に複数の進行管理必要イベントレクリエーションに引きずり込んで、

 ダメ人間ぶりを際立たせましょう。

 マルチプレイシミュレーションボードゲームなんかオススメです。

 タスクAをやっていたら、「ほらほらBをやんないと!」と引きはがし、

 タスクBに注力し始めたら、「ほろほらAがお留守になってる!」のように

 A、B、C、D……と次々に別の方向へ急かして、集中力をズタズタにしてやりましょう。

 自分たちが(ソイツと違って)能力があることを実感できて、嬉しくなってきます

 

☆できるだけ暗黙のメッセージ秘密約束事を使って、何が何やら

 状況を分からなくしてやりましょう。

 それで大事なTo Doを取りこぼしたら、それこそ徹底的につるし上げてやりましょう。

 みんなの結束が高まります

 

ときおり、斬新な発想を見せたり、すごい集中力を発揮して良い仕事をする時があります

 そんなときは、

 ・なにか独創的なアイディアギャグを出したら、「ダセっ!」「つまんね」で却下

 ・入念なリサーチをしてきたり、分担したタスクでいい仕事を持ってきたら、

  即座に計画を変更して用意してきた努力無駄になるようにしましょう。

 

 忘れてはいけません。

 大事なことは目先の出来事の良し悪しではなくて、人間関係ポジション取りです。

 

 お互いに細かい不満点があったり、仲間内での評価と発言力の上がり下がりに

 神経をとがらせているコミュニティでも、さしあたりギスギスしないで親睦を維持できるのは、

 みんなが一致団結して共通の問題児を叩いているからです。

 行動や発言は、常に常に、"何を"言ったか? したか? ではなくて、

 "誰が"言ったか? したか? で判断と評価をしましょう。

 

 ADHDの人は、衆目の一致するダメ人間として、コミュニティの維持に不可欠な人材です。

 万が一にも、"実は隠れた長所もある"みたいに株が上がってくる雰囲気になることは

 避けなければいけません。

 

ADHDはシャレで済む事と済まない事の範囲が一般人と違っています

 過剰に集中しているときに脇腹をツンツン! と突つかれたり、あるいは一心不乱に

 キーボード(楽器でもPCでも)を叩いているときに脇から別のキーをチョイチョイと

 叩いて集中状態にノイズを混入させると簡単に逆上します。

 逆に、思ったことは何でも言ってしまうため、「ま~、お肌の曲がり角ですからね~」

 のようにセンシティブな話題を簡単に口にします。

 こんなとき、相互の許容範囲の違いなんて気にする必要はありません。

 ADHDの人が気分を害したときには、

 「ちょっとしたオチャメじゃないのよ。なんで怒るのよ? おかしいんじゃない?」

 と流してしまいましょう。なんていったって少数派なんですから

 逆にADHDの人がした無作法は徹底的に糾弾しましょう。

 なんていったって多数派の意見なんですから

 こうすることで、ADHDの異様さ、気持ち悪さと周囲との境界線が引き立ち、

 みんなの結束が高まります

 

ときおり、ADHDの人が自信を喪失してアドバイスを求めて来る事があります

 そんなときADHDと付き合うときの一番の醍醐味です。

 

 ・親身なアドバイスのフリをして、嘘を吹き込みましょう。

  ADHDは人の微妙な悪意に鈍感です。

  「香典のお札は四隅を折って包むのが正式な作法」とか

  「最初マティーニオリーブは次の一杯に移してから食べると粋だ」とか、

  大ボラとリアリティのギリギリの線を狙います

  後ろでみんな大爆笑をこらえるのに必死です。場が明るくなります

 

 ・あるいは、こんなのもアリです。

  1)「分かった。指導してやんよ。この牌切って、次はその牌、で次はこっち。

    ホラ出来た! トマト! トマト!(笑)」

 

  2)「じゃ、こっちの陣地を取ってみ? で次はこっち。ホラ出来た! Vサイン

    マーク(笑)」

 

  3)「あー、もう全部説明なんてできるか! ともかくルールブック(あるいはマニュアル)を

    全部読んで来いよ! 話はそれからだ!」

   と突き放す。

   翌日、徹夜で読み通したマニュアルにも載ってないと言ってきたら、

   「そりゃ載ってないよ。だって俺たちだけのローカルルールから。ウププッ(笑)

    でも"載ってないこと"ってことは学習したジャン。やったジャン。進歩じゃん!」

 

  などなど、人の話を受け入ようとしている状態を最大限に活用して、徹底的にブザマな状態に

  叩き込んでやりしょう。

  「俺は知識があるからコイツをからかってる。コイツは知識がないから俺に

   からかわれてる」

  という優越感に、もう心がとろけそうです。気持ち良いです。

 

☆上の項ともからますが、ADHDの人は曖昧メッセージが苦手です。

 だからメッセージは常に"善意忠告"と"嫌がらせ"と"冗談"のどれなのか判別が付かない

 曖昧な状態をキーしましょう。

 自信を喪失して、ますます使いやすくなってくれます

 

☆常に自信喪失気味で、適応障害を起こしているADHDの人でも、ときおり、

 あまりの扱いに耐えかねて怒りだす事があります

 そんなときこそ、伝家の宝刀の出番です。こう言いましょう。

 「ああ? そんなの全部、オメェが使えねえのが悪いんだろうが?

  俺たち、何か間違ってるか? ええっ!」

 どんなに怒っていても、これでADHDの人はウグっと何も言い返せなくなってしまます

 ここで、

 「俺が優秀か無能かってことと、アンタらが俺を好き勝手侮辱して良いかどうかってことは

  別の問題でしょうが!」

 と即座に切り返すことがADHDにはできません。

 もう、コミュニティオモチャになるために生まれてきたかのように好都合な

 キャラクターですね。

 みんなの親睦のために徹底的に有効活用しましょう。

 

あなたたちのコミュニティや"交友"に疲れ果てたADHDの人が、離れていくとき

 あります

 そんなときは全力で呼び戻しましょう。

 「いやー、愛されキャラなんだぜ、オマエって(笑)」

 「実は尊敬してたんだよー。恥ずかしいから言えなかったんだよー(笑)」

 などなど、アメ玉をしゃぶらせてやれば、もとから友達の少ないADHD

 すぐにホイホイと復帰してきます

 なにしろ彼(彼女)は自分プライド承認欲求を削ってまで周囲に優越感を

 ご馳走してくれる、カモという言葉すら及ばない美味しい美味しい存在です。

 生かさず殺さず、末永くイジりたおしましょう。

 

……どうだろう? あくまでも俺の経験則だが。

大体、おかしいのが、「ADHDの人と上手く付き合うには?」って問題の解き方だよ。

もしも「Rapala XR8(ルアー)と上手く付き合うには?」とか「日産ジューク(SUV車)と上手く付き合うには?」

ってコラムがあったら、それはどうやって釣具や車を自分のために徹底利用するか書くものであって、

まちがっても、釣具や車が何を求めているかを書くものではないでしょ?

そりゃ、掃除やリペアみたいなメンテはするけど、それはあくまでも自分のために

利用し倒すためにするのであって、釣具や車のためではないよな?

 

実際、ADHDかつ発達障害持ちの俺に対して、世の中の大多数の人間は、上に書いたような有効活用法を

忠実に、かつ徹底的にやってくれたぜ。

 

もしも俺の書いたことがヒューマニスティックじゃない! と思う奴がいたら、

そいつの持ってるヒューマン定義が間違ってるんだ。

俺が上に書いたことは、人間人間らしい振る舞いそのものだ。

 

俺自身は自分経験に対して、別に怒る気も恨む気も無い。

戦時下でも災害下でも貧困下でもなくて、みんなそこそこ生活できる今の世の中

(厳密に言えば平成以降の首都圏高校生から中堅サラリーマンあたりまでの社会)では、

結局のところ、人間関係において株(人望)が上がった、下がった、それだけが唯一の

リアリティなんだよ。

「気持ちのいい付き合いができるか? 迷惑がかからなくて、ウマ味があるか?」って

ことだけを唯一絶対の基準にしてカーストができあがってる以上、非ADHD人間

理解を求めるような文章やメッセージなんて無駄無駄無駄無駄無駄

 

必要なのはADHD側が自身の生存戦略自分尊厳と生活手段を磨耗させないワザを

磨くことだ。

俺も実際、そうしてきた。

文章が長くなった。ADHD生存戦略については、リクエストがあったら書く。

んでは。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120512215941

記事への反応(ブックマークコメント)