2011-08-08

永久保存板》なぜ有名はてな村民は仕事ができないのか教えます

はてな上の活動で有名になった連中の年収が低い訳を知りたいですか?

知りたくない人はもうこの記事を読む必要はありません。他のタブに移動してください。

 

さて本題に。

年収というのは大雑把に言えば仕事の質によって上下されます

まり彼ら優秀なはてな村民の年収が低いのは仕事がそんなに出来ないからなのです

 

さてここで一つの疑問が浮かびますね。

なぜこれほどまでにはてなで有名になった人達にも関わらずお仕事ができないのか。

その辺を噛み砕いてお教え致しましょう。

理由その1 圧倒的な物量作戦

彼ら優秀なエリートはてな村民がなぜここまで目立つのかわかりますか?

それはね、年中はてな上で活動しているからなんです

ただそれだけな話

普通の優秀な人間は他に活躍の場があるのでネットでの活動時間をさほど割かない

エリートはてな民は他に活躍の場が無いのでネットでの活動時間を割きまくる

彼らは「暇」で「他に活躍の場が無い」ことから生じる「ネットでの圧倒的な活動時間の量」を武器ネットで目立っているわけです

 

  

理由その2 シビア世界に生きていない

ビジネス芸術政治など、ホンマもんの厳しい世界では相当にシビアな世間の目に晒されます

 

例えばあなた会社経営しているとしましょう。

もし10の事業を起こして8の事業を何とか成功させたとします。

しかし、もし残りの2つの事業で失敗したらどうなると思います

下手したら首をくくらないといけない。これは例えじゃなく中小企業で個人保証かけてるところなら本当に首を吊らないといけない。

芸術文芸世界でもそうです

つの作品を成功させても、1つ大失敗かませば大いに名誉が失墜する。

政治でもプロスポーツ世界でもそうです

 

それに対して、優秀なはてな村民はどうでしょうか。

全くと言っていいほどシビア目線には晒されていません。

 

彼らは圧倒的な物量作戦から生み出されたネット活動履歴のうち、それなりにまともな事を言っているのは僅かに過ぎません。

的外れでくだらない発言の方が多いのです

 

しかし個人のネット上の活動をそこまでシビアに見る習慣が無い為に、彼らの名誉は失墜しないだけなのです

 

理由その3 彼らが論じているのは重要性が無い案件のみ

まずわかりやすくスポーツのたとえから

サッカー野球ゴルフなど影響力の大きいスポーツ存在感を示すのは相当な才能が必要とされます

それに対してゲートボールみたいに競争など存在しないスポーツ存在感を示すのは楽です

まり競争が激しくなればなるほど、上に行くのは大変なのです。当たり前の話ですね。 

 

この広くて複雑化した世界では大変重要でかつ論じる人口が多いジャンルが数多存在します。

そういった分野で活動されるジャーナリスト作家評論家仕事の質が年収に直結するのは容易に想像できます

 

それに対して優秀なはてな村民が常日頃論じている内容を見てみましょう。

無断リンク禁止論

ネット上の儀礼

・観測範囲

ワケワカメ状態ですね。

ようするに彼らが日々頑張って頑張って人よりも遥かに努力時間を費やして論じている内容は、中学生でも興味を持たない下らないレベルだってことなんです政治ビジネス経済芸術など、普遍的で価値があり多くの人に影響を与えるようなジャンルは当然評論家の数も多く質も高い為に、えてして競争が激しい訳です。優秀なはてな村民は、そういうところでは全く目立てないばかりに、超ニッチで全く世界に影響を与えない下らなく低レベルジャンルで活動しているわけです

から一応目立つ。このくだらない世界に参戦する人がいないから、一応馬鹿なりに目立つ。

 

でも彼らがひとたび競争の激しい世界に足を踏み入れたらどうなるかもうお分かりですね。

けちょんけちょんです。全く誰にも相手にされない。当然仕事なんて人並みにしかできないし、収入も上がらない。

 

まとめ

優秀なはてな村民が実社会活躍できない理由を説明しましたが皆さん納得されましたか

もし納得できない人は優秀な はてな村民になりうる可能性を秘めているので頑張ってください。

 

そしてこの記事は実は若くて未来のある学生さん向けに書いたものです

はてなtwitterなんかで目立っても何にもならないですよ。なんの実益も得られない。競争が無いに等しいかです

安易な方向に人生を向かわせてはいけません。もっと厳しいジャンルで目立ちましょう。そうしないと40になった時にぼろいマンションの一室で激しく後悔することになります

 

厳しい道のりを経て、他人との競争を経て、挫折を繰り返して、どうか高い山に登ってください。

優秀なはてな村民のように、誰から認知されていない無名の山に毎日登って悦に浸るさびしい人生を送らないように。

それでは失礼します。

参考)

はてなーの年収が知りたい

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20110808144223

記事への反応(ブックマークコメント)