2011-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20110208161842

まだ、M1じゃないですか。全然大丈夫だよ。

要するに、問題は、確実に大学院来年修了することだよね。で、最初に言っておくと、修論には最低限の体裁というものがあって、そこで足切りしているはず。どんなに教授の指示を無視したとしても、その最低限の体裁さえ抑えた論文を提出すれば、教授としても修了させないことは立場的にかなり難しくなる。

よく考えてみよう。どの大学院のどの専攻でも、どの人の修論を落とすかは、専攻の教授が参加する会議で決めているはずだ。君以外にも、年に1人程度は修論が提出できなかったり、論文として形になっていない修論を提出したりして、落ちる人たちがいる。が、落ちる人をあまり大量に出すと、専攻としての教育能力がありませんでした自分で言っているようなものだから、落とす人を大量に出すことは通常考えられない。

どこかで、M3になってしまう人と、そうでない人の線引きをしているはずなのだ。その線引きさえクリアできれば、君は終了できる。で、その線引きというのが、修論が体をなしているかどうか、だ。

概要があって、章立て(はじめに、既存研究、提案手法、評価、考察、結論)があって、枚数があって、参考文献がついていて、結論がちゃんと書かれていれば、他の分野の教授には一見、落とす必要がないマトモな修論に見える。他の分野の教授でも、概要、はじめに、結論ぐらいは全員分のをチェックする。君の教授いかに君の研究を嫌っていたとしても、体裁が整った論文が提出されていると、君の教授は君の研究がどのような点で修論として未達であって、なぜ君を落とさねばならないのかを、専攻の他の教授の前で、皆に説明しないといけなくなる。体裁が整った論文が提出されていると、これは、かなり難しいことだ。

逆に、最もまずいのは、教授に色々言われたことを気に病んでしまい、結果的に、修論を書けなくなってしまったり、まずい修論を書いてしまったりすることだ。修論を書かないと、教授に、君を落とす絶好のチャンスを与えてしまう。

というわけで、僕のアドバイスとしては、今は就活に力を入れて、とにかく、確実に次をつないでおけ。研究は、就活が終わってからでいい。バイトは、時間が割かれるなら出来れば辞めたほうがいい。できれば、親に相談して、「この数カ月が正念場だから、数カ月分だけお願いしたい」とか何とか言って、工面してもらう。実際、必要になるのは本当に忙しい数ヶ月分だろ。

教授は、「年度内に結果が出なかったら修了させない」と言っているようだが4月5月になって、まだ残り1年ある段階で、君を公式に留年させることは教授には出来ない。留年や休学を勧めることはできるけど、授業料さえ払っていれば、教授としては君を強制的に留年・休学させることは出来ない。授業料さえ払っていれば、研究室研究機材を使って研究する権利が、君にはある。

「今は次を繋げないといけないので、就活します」とでも、先生メールを一本打って4月とか5月まで研究室に行かずに就活しろ。で、就活が終わってから研究室にやってきて、教授に何を言われても、「頑張ります」とか言ってのらりくらりやり過ごして、ひたすら研究しろ。今年の12月までに、過去修士論文(大抵見れるようになっているはず)を参考にして、修論を書いて、一方的でもいいか教授に送りつけろ。

そうすれば、なんとかなるはず。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20110209024323
  • 大学院を中退するかもしれない

    修士1年のこの時期になって、大学院なんて来なければ良かったとよく考えるようになった。 去年、まだ勉強したりないと思って院試を受けた。 当時の私からすると大学院の講義は魅力...

    • anond:20110208161842

      大丈夫だ。皆が通る道だ。とにかくインフルエンザとノロに重複感染したことにして、研究室から1週間休みを取れ。その1週間にやるべきことは以下。 1.寝る。素敵な布団を用意して...

      • http://anond.hatelabo.jp/20110209013027

        まだ、M1じゃないですか。全然大丈夫だよ。 要するに、問題は、確実に大学院を来年修了することだよね。で、最初に言っておくと、修論には最低限の体裁というものがあって、そこで...

    • http://anond.hatelabo.jp/20110208161842

      中退してエンジニアになればいいよ。 http://blog.riywo.com/2009/02/27/120733 これの真似しろ。 研究に興味無いタイプの方が確実に成功する可能性が高い。 俺の周りでも「勉強は好きだけど研究...

    • http://anond.hatelabo.jp/20110208161842

      「放任主義」ってのは「なにもかも自分でやらせる主義」のことではない。 苦しくなったら教官なり先輩なり捕まえるのも研究のうち。煙たがられる位なら開き直って教官なり誰なりと...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん