2011-01-27

やらおん、やられやく分裂騒動・幕。

まだやってたの?→まだやってた。さすがにもう推理ドンデン返しはない、と思う。

※この内容がどこまで正しいのか保証できません。細かい部分はまだ誤りがある可能性はあります。どこまで信じるかはあなたの自由です

登場人物

名前運営サイト説明
やら管やらおん元「今日はやられやく」管理人、現「やらおん!」管理人。約2億5000万PVサイトを乗っ取られる。
萌通「萌通新聞」「キジダス」
今日もやられやく」「明日もやられやく」
MMORPGRMT詐欺に始まり、FX関連の情報商材販売などネット上で数多くの悪事を働いた男。
星野ロミ「関係ないニュース」元「B速報」ホットココア社長日記の『2chまとめブログ立上げ』 で壮大に友達に惨敗したので反省点まとめ()に登場するネカマromi
ホットココア社の企画で非モテ日本代表)としてメディア露出したこともある。

簡単なまとめ

  1. 萌通と星野ロミが著作権侵害訴訟を盾にやら管を秋葉原カフェに呼び出す。
  2. 星野ロミとやら管の間で、「今日もやられやく」の管理権限を奪い、やら管を副管理人にする契約が結ばれる。
  3. 星野ロミが裏切る。やら管に「やらおん!」を運営するよう促す。萌通はこれをアカウントハック、偽者だと非難。
  4. やら管は星野ロミとも縁を切る。萌通には契約を行使する法的根拠がないため、やら管は「やらおん!」更新に専念。
  5. 今日もやられやく」と「やらおん!」の人気が逆転した萌通は手に入れた個人情報を使い、腹いせにやら管に様々な嫌がらせを行う。
  6. ネットお話」の暴露で萌通の画策が明らかになる。萌通はそれを利用して星野ロミに責任押し付けようとする。
  7. 星野ロミが2ch降臨、逆に全責任を萌通に押し付けようとする。

発端

そもそもの発端は「キジダス」というサイト画像をやら管が転載したことから始まります

キジダス」管理人である萌通と副管理人星野ロミはこのサイト画像を使い、著作権法違反を盾にやら管を呼び出す計画を立てました

萌通は「キジダスの星野」を名乗りやら管に著作権侵害を訴えるメールを送りますしか当時その画像は多くの2chコピペブログ転載されていたこともあり、やら管は「なぜ自分サイトだけに強気に出るのか?」と反発、それに対し萌通は警察を介してやら管に警告を送りました

最終的にやら管は削除に応じるのですが、萌通は「反省が足りない、画像を削除しても著作権法侵害した事実までが消えるわけではない」として、弁護士相談した訴訟が始まったら止めることはできない。和解希望するのであればカフェに出て来い」脅迫し、呼び出すことに成功します。

契約

やら管の元に仲介屋を名乗る「第三機関から電話が入ります和解のために保険証を持って指定の場所に来いと呼び出されました

そして秋葉原カフェにて、萌通、星野ロミはやら管に対して、著作権侵害告訴を取り下げることを条件にいくつかの契約を結ばせました

実はここで契約書にサインしたのはやら管と、星野ロミの二名で、萌通は立会人でした。以下がその契約書の文面の一部です

  1. ここで起きた一切のことを口外しない。
  2. 今日はやられやく」を星野ロミに譲渡する。
  3. やら管は「今日はやられやく」の副管理人として記事を更新する。
  4. 管理人許可なく閉鎖、移転を行わない。
  5. 星野ロミからやら管への金銭を貸し出す。
    • 1年間の賃借契約。要するに逃亡防止。法定金利でも額面によっては大金の利子を支払わなければならない。
  6. 白紙
    • 後付で何でも書けます。要するに脅しです

すなわちやらおん・やられやくの間で起きた騒動とは分裂ではなく、その逆でした管理人星野ロミに明け渡され、やら管は副管理人となり、二人管理人制になるはずだったです

そしてここでリアルネット上でのすり替えが起きます実際に契約したのはやら管と星野ロミでしたが、ネット上においては萌通が「契約者・キジダス星野」を装い、やら管を言いなりにしました
リアルネット(設定)真実
やら管やら管やら管やら管
契約星野ロミキジダス星野=萌通星野ロミ
立会人名前不明のチンピラ不明萌通

なぜこのようなすり替えを行ったのかは不明です。いざとなった時に萌通は星野ロミを切り捨てる算段でいたのか、共犯関係を結ぶことで裏切れない状況を作ろうとしたのかもしれません。星野ロミも積極的に乗っ取りを画策した可能性もあります

裏切り

こうして萌通による「今日もやられやく」乗っ取りは成功しましたしかここで星野ロミが裏切ります

星野ロミは自身が真の契約であることをやら管に暴露し、萌通の言いなりになる必要はないとしてサブブログやらおん!」を運営する妥協案を提示します。しかすり替え事実を知ったやら管は星野ロミとの連絡も絶ち、twitter「yarare_kanrinin」とToLoveるの記事を利用して「やらおん!」に読者を誘導します。

今日もやられやく管理人契約契約者両者の合意の基で破られたとみられます

このため萌通にはこの二人の裏切りに対し、法的根拠を持つ対抗策を取れませんでしたtwitter「yunakiti79」において「やらおん!はハッキングされた偽者である」という虚言で対抗したのはそれが原因です。実際にはやら管の持つ「yarare_kanrinin」は副管理人のものとして残されていたものです

やがて記事の質の差から今日もやられやく」と「やらおん!」の差は広がり、「やらおん!」こそが本物であるとみなされました

警告

結果として萌通は「今日のやられやく」奪取自体には成功しましたが、やら管を使役して記事を書かせて、アフィリエイト利益を得る計画は失敗に終わりました

それどころか裏切った星野ロミのものなのか「今日はやられやくは画像著作権を盾に萌通に乗っ取られた」という噂が流れます

した萌通は、やら管を演じて2chに書き込みます

そしてその書き込みを萌通自身のブログ「萌通新聞」、『今日もやられやく』分裂の真相()にて取り上げ、契約書は手元にある、民事訴訟捏造の証拠でも毟り取ることができる」という警告を送ったのです

同時にこれは裏切った星野ロミに対するメッセージも兼ねているのだと思います。「あの現場にはお前もいただろう?」と「偽やら管」に喋らせたのです

姦計

それだけでは萌通の怒りを収まらなかったのか、次なる手としてやら管トレント販売疑惑事件を掛けます

トレント販売疑惑を持つblogを作り、それをmixiyahootwitterなどのアカウントを駆使してこれをやら管に連想させ、さらにそれらを架空情報商材サイトに結びつけ、やら管の実名・実住所を晒し上げようとしたです

実はこのトレント販売疑惑事件は、やら管が裏切ったために起こされたものではなく、仮に共同管理人のままだったとしても起きていた可能性が高いとみられています。最初から契約書を利用して「今日もやられやく」を奪ったあと、トレント販売疑惑をかけて追放。「今日もやられやく」を萌通で独占し、副管理人契約違反として違約金を毟り取る。ここまでが萌通の描いたシナリオだった可能性が高いとみられています。

けれども「やらおん!」の立ち上げ、星野ロミの裏切りという想定外が続いたために、萌通は用意していたトレント販売疑惑事件を前倒し利用したですしかしこの計画変更が生んだ綻びが逆に萌通を追い込みますmixitwitterなどのアカウントは「今日もやられやく」を奪い取るより以前に用意されたものでしたが、トドメとなる情報商材サイトはやら管の個人情報を得たのが直前だったために、出来たばかりだったのですその矛盾が逆に過去から現在に至るまでの萌通の悪事()を露呈させる結果となりました

暴露

この自作自演騒動を見て、「明日もやられやく」のデザインタイトルロゴ加工を担当したネットお話」がやられやく&やらおん騒動の重要ネタバレするから注目してほしい()という記事を投稿、「今日もやられやく」乗っ取りがキジダス星野という人間によって引き起こされた騒動だと暴露します。

ただし彼が本当に善意から暴露を行ったのか、ただのアクセス稼ぎだったのか、あるいは萌通とグルとなり星野ロミを追い詰めるのが真の目的だったのかは不明です

ともあれこの暴露によって一番衝撃を受けたのは実は星野ロミでした。やら管との真の契約である星野ロミは、萌通と「ネットお話」が結託し、乗っ取り事件の全責任自分ひとりに背負わせようとしているのだと誤解します。2chの「偽やら管」を本物だと思っていた彼は2chに書き込みコンタクトを取ろうとします。

  • 乗っ取りの場に萌通と自分がいたのは事実
  • 先に契約違反したのはやら管
    • これは先の「偽やら管」を本物だと思っていたため、"やら管が「口外しない」という契約が破った"という勘違いだとみられる
  • やら管が連絡をこのままよこさず、萌通を訴えるなら俺もやら管を訴える

など脅迫し連絡を取ろうと試みますしかし実際に2chに書き込んでいたのは萌通であってやら管ではないので、この目論見は失敗します。

それどころかその書き込みを逆に萌通に利用()され、星野こそが事件の真犯人だと強弁されます。その後星野ロミは萌通に謝罪したものと思われます

それ以降、2chにおいて星野ロミは情報提供しつつ契約したのはやら管と萌通、自分は萌通に巻き込まれた被害者に過ぎない」というミスリードを仕込み続けました

根拠

まとめ

萌通サイドは管理権限譲渡は両者の合意形成の基行われた合法的なものだと主張しています。けれども、

などの理由で恐喝罪の要件を満たすと考えられています。

またその後に起きたトレント販売疑惑事件は信用毀損罪・名誉毀損罪の要件を満たします。

やら管:

やら管がどのようなシナリオを立てているのかは現時点では分かりません。星野ロミとの接触を断った時点弁護士と連絡しなんらかの法的手段に訴えようとしているものだと考えられます

やらおん!」が復権した今となっては今更やら管に「今日はやられやく」を潰す理由もありませんが、賃借契約書や白紙契約書の存在がありますし、2億5000万PVを生み出した過去ログはやら管の著作物であるとみられ、それを取り戻す手立てなどはするのかもしれません。仮に賠償を求めた場合ブログ資産価値がどの程度になるのか不明です

※もちろん2chコピペブログの内容がどこまでが転載でどこまでが引用とみなされるのか、引用が主で構成された記事が創作物とみなされるのかどうかという判断は分かれるところだと思います。また画像は大半が転載です。そういう意味でもこの事件が表沙汰になれば「2chコピペブログ資産価値がどう判断されるのか」という試金石になる興味深い事柄だと思います。

萌通

現在今日もやられやく」の実権を掌握していますが、実際に契約権利を持つの星野ロミで、彼にはなんら行使できる法的根拠はないと見られています。

仮に萌通が真の契約者だったとしても和解提案が真っ当なものだとみなされる可能性は低いです。

ゆえに萌通は手に入れた個人情報を利用し誹謗中傷でやら管を潰そうとしました。また単純な管理人の分裂騒動であり、やらおんは実はプロライターで「ゆなきち」との間で結んだ副管理人委任契約を破ったため背任罪で訴えられるといったような根拠のない情報を吹き込もうとしています。

星野ロミ

萌通と共に共謀し「今日もやられやく」を奪い取りましたが、その後裏切りました。彼の望みは己の罪が裁かれないことです

やら管が裁判を起こしても、萌通が裁判を起こしても巻き込まれ、彼自身の罪(仮に「今日はやられやく」恐喝事件にに積極的に関与していないとしても、計画を知りながらそれを未然に防ぐ手立てをしなかった未必の故意は逃れられない)が露見します。そのためやら管が閉鎖し、萌通も潰れ共倒れになるか、隕石人類が滅亡することを願っています。

また現在は今までの発言が全て虚言であり、この事件には一切関係していないと態度を翻しています。

最後

免責の為に萌通の言葉を借りておきます

この記事は特定個人を誹謗中傷するために書いたわけではありません。

彼らが犯罪行為をしたかどうかは確定していない事をお伝えしておきマス。

より詳細なまとめなど

過去情報周辺情報を含めたwiki作りました

http://wikiwiki.jp/yara_wars/

こちらを参照してください。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20110127225558

記事への反応(ブックマークコメント)