2010-10-24

人は見た目で判断される。

人は見た目で判断される。

それを確信した。

中学生くらいから、自分のことをものすっごいブサイクだと思っていた。

肌は汚いし、目は小さいし、全体がのっぺりして、丸顔で太って見えるし、髪の毛はゴワゴワ。

理由はいろいろある。

実妹が某モデルにそっくりの美人で、ずっと比較されていたこと。

罰ゲームとして、嘘告白されたこと。

化粧が濃いだけなブスでビッチな同級生に、好きな人を奪われたこと二回。

自分の中ではスキンケアメイク努力していたつもりだけど、いいことなんて一つもなかった。

コンプレックスが根強すぎて、ふとした瞬間に、なんで自分はこんなにブスなんだと一晩中泣いていた事もしばしば。

彼氏と付き合っても、自分のことはブスだと思っていた。

彼氏事実、私の性格が好きで付き合っていると言ってくれている。

そんな私だけど、無事就活が終わったので、バーテンダーとして働き始めた。

夜の商売ということで化粧を濃くしろと言われた。

つけまつげをしたら、まぁ一応ギャルっぽくはなったけど、当然のっぺりのまま。

化粧カウンターBAさんに化粧してもらってものっぺりなのだ。

と、上の流れを簡単にアハハハなんて笑いながら話してたら、常連水商売のお姉さんが、

「いや、●●ちゃんの顔はすごい化ける」

と、真剣な顔で言い出し、その場で手持ちのメイク道具で化粧を始めた。

アイプチをして、今までにない太さでアイラインを引いて、濃い色のアイシャドウを厚めに塗って、眉の形を変えた。

私の顔は、別人の顔になった。

まぁそれでも土台が土台だから、改善って程度だろwwwと思うようにして、調子に乗らないようにしてた。

けど、化粧変えてから、明らかに周りの反応が変わった。

客に口説かれまくる。

一ヶ月程度の間に、五回ナンパされる。

美容室に行くと、お客さん美人ですねぇと言われる。

久々に会った友人に、なんか大人っぽい!と絶賛される。

キャバクラクラブの勧誘されるようになった。

内定企業広報素材にされた。

小さい頃から、美人に生まれていたらリア充生活で人生薔薇色なんだろうなーと妄想していた。

うまく化粧をすると、元が童顔で暗い髪色なのも相まって、清楚系美人になった。

だけど化粧美人になれた今、人間が嫌いになった。

リア充も、今までガリ勉扱いでpgrしてたくせに、馴れ馴れしく話しかけてきやがって。

特に男が嫌いになっていく。

なんであいつら体裁とプライドセックスのことしか考えてないんだ。

相手が可愛いと、あからさまに優しくなる。

女が二人いると、比較して可愛い方をちやほやと褒めまくる。

そんなわけで、大学卒業したら、化粧は元に戻すつもり。

顔でもてはやされても、くっだらねぇーとしか思えないしね。

顔で得るものは、益より損のほうが多い。

今まで顔の分、性格と頭と根性を磨いてきたけど、その評価の方が気持ちがいい。

で、信頼感がどんどん増しているのが彼氏だ。

化粧が上手くなってから「可愛くなったね」と言ってくれるけど、今も変わらず、性格が一番好きだと言ってくれている。

人間は、見た目で判断される。

だけど、今までコツコツと築いてきた能力の方が、大事だって事に気づいた。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20101024080959

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)