2009-08-29

ずいぶんと堂々とした乗っ取りもいるんだなぁ

ブログの乗っ取りとかが存在するのは知っていたけれど、てっきり同人界隈の話で、はてなダイアリーで雑文を書いている僕は関係ないと思っていた。だけど、そんなのは勝手な勘違いだったみたいで、見事に今年の春にブログを乗っ取られた。

よくある騙りでの乗っ取りではなく本当の乗っ取り、つまりパスワードが何故かバレてブログが勝手に更新されていた。Twitterとかのアウトプット関連のパスワードは恥ずかしながら統一していて、全部乗っ取られた。

びっくりするよね、久しぶりに自分のブログ見たら知らない記事が書いてあったら。え、なにこれこわいと思いつつログインしてみたら、ダメ。同じパスワードを使っているサービスをチェックしたら、全部やられてた。

僕は今年の春頃から念願の初彼女が出来て、もうはてダでgdgdと下らないことを書くのはやめて、オタ趣味とかも一切捨てて、(言葉としては変だし好きじゃないけど)普通の大学生っぽく生活していた。だから、正直非モテを嘆いたり、オタ臭いことを書いていたはてなダイアリーは黒歴史でしかなかったし、しばらく見ていなかった。だから、気づいたのはもうすでに乗っ取られて何週間も経ってからだった。更新やめますと書いて、記事も全部消し去ろうとしたら、乗っ取られてた。

そこには、不気味なくらい自分にそっくりな奴がいた。というか、僕そのものだった。今までの僕をうまいこと延長したらこうなるだろうなっていう、僕が書きそうな記事がいくつもあった。Twitterとかさ、そっくりすぎて恐かった。だって僕とは間違いなく別人が、僕とは違うことをしているのに、その文章はまぎれもなく僕が書いた物そっくりだったから。

ただ、少しずつブログの中の僕は成長しているという設定のようで、今までほとんど行ったことのないオフ会にも「勇気持って行ってみた」とか書きながら参加して居るみたいだし、勉強会にも出ているらしい。もちろん、僕を名乗って。そこがもう、すごいと思った。ああ、むしろ僕が偽物なんだって思ったくらい。

偽物は本物になろうとしている分、本物よりすごいとか何とかいうのを西尾維新が偽物語で書いてた気がするんだけど、まさにそれ。今じゃ、バイトまで始めたみたいでびっくりした。本物だった僕は事実上彼女のヒモ(デート代いつも出してもらってる)なので、なんつーかすごいなと。

幸い、イーバンクとかのアカウントはパスワードを変えていたし、ブログの内容も僕自身には被害のないものだったから、責めるつもりも止めさせるつもりもない。むしろ、今まで読んでくれた読者の人達が、続けて読んで楽しんでいるみたいだし、僕が止めるのはヤボだろうと思う。

ただまあ、あんまりにも堂々とした乗っ取りでびっくりした。オフ会とかまで堂々と出ちゃって、僕が登場したらどうするつもりなんだろうか。もちろん、僕の思考を見事にトレース出来てるのだから、そんなことしないってのもわかってるのかもしれないけどさ。

なんかすごく変な話だけど、僕よりも僕っぽい彼には是非もっとブログを頑張って欲しいと思う。

追記(2009/08/30 8:30)

ブロガーの本人証明についてというか、増田の「乗っ取り」記事について

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090829150955

記事への反応(ブックマークコメント)