2009-05-29

違うだろ / 楽天個人情報流出疑惑まとめ改訂版

http://anond.hatelabo.jp/20090528203547

楽天専用のメールアドレス」なのに、名前・住所等個人情報が入ったSPAMメールが届くという報告が相次ぎ、段々大きな騒ぎになっていく

GIGAZINEがその件を紹介。

(ここが重要) 疑問:以前の個人情報流出事件を受けて、楽天を仲介させることでメルアド店舗に渡さないようにしましたと宣言してたんだからそんなことはもう起きえない筈だけど何故? http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20050802/GIGAZINEが疑問を提示

GIGAZINEが答えを見つける) 楽天ユーザーにはそう説明しながら店舗メルアドを見れる状態にしていた。さらに申請と許可が必要だけど金を払うとCSVでまとめて個人情報の提供を受けることも出来る。

GIGAZINEが『楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明』というタイトルで記事をリリース

x:それを見た人がmixiblogに「楽天SPAM業者に個人情報を売りつけた!許せない!!」と書く

○:それを見た人がmixiblogに「楽天個人情報店舗側に漏らした上で、それで商売までしている。」と書く

楽天擁護派: それはCSV手数料であって、情報に対する料金ではない

冷静:楽天メルアド店舗に渡さないと嘘付いていたのが問題。メルアド渡したり、販売してるのは事実だけど、情報料と見るか、システム利用料と見るかで言い分・見方は変わるよね。

慌てる派:クレカ情報までかよ!退会だ!(クレカ情報が渡っているのは例外的に認められた一部の店舗だけ)

楽天が「事実認識の誤り」と主張。事実が違うともどこが違うとも言わないので、答えになっていないよなとまだ騒ぎは続く。

GIGAZINE続報待ち。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090529195258
  • 楽天vsGIGAZINE騒動まとめ

    経緯 楽天に登録してあるメールアドレスと名前が入ったSPAMが届く ↓ GIGAZINEがSPAMを取り上げる ↓ GIGAZINEが『楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販...

注目エントリ