2009-02-16

ブログ文化の発達で「うつ病」は商品になった

うつ病に代表されるメンヘルそのものは現代社会が生み出した病気であり、

患う者を差別したり馬鹿にすることは許されない。

「うつが酷くて布団から出られない。会社休みたい」

これは怠慢でも何でもなくうつ病の症状なのだ。

私も短期間であるがうつ病を患った身なので痛いほど気持ちは理解できる。


それでも大半の者は決死の覚悟で起き上がり、電車に揺られて会社へ行く。

生きるために、飯を食うために、決死の覚悟で布団から出るのだ。

彼らは病人ではあるが、自分家族を食わせなくてはならない。

「決死の覚悟」と書いたのは大袈裟な表現では無い。

事実、その布団へ戻れない者がいるのだ。


ある者は高層ビルから身を投げ

ある者は縄に首をかけ

ある者は電車に飛び込む

うつ病患者自死は健常者のそれとは性質が大きく異なる。


健常者は人生にもがいて、それでもどうにもならない状況に追い込まれたとき、将来に絶望し、死を選ぶ。

うつ病患者は、ぼんやりとした意識の中で、脳内存在する得体のしれない何かに襲われ、ぼんやりと死を選ぶ。


うつ病とはそういうものなのだ。

何か得体のしれないもの、それも自分脳内にある何かに、ぼんやりと、殺される。


ブログにより「うつ病」が商品となった

ここから私は怒りを表明する。

大勢の人がブログを書くようになった。

健常者も、うつ病患者も。

私が許せないのは、精神的な病を患っている事を宣伝し、自らのブログに衆目を集めようとする輩だ。

「私は基地外だ」

幸福そうな奴らを見ると発作を起こす」

「傷付けてやる 私は病気だから仕方が無い」


彼らはネット社会において自らの存在を大きく見せたいがためにうつ病をアピールし、病を根拠に他人を傷つける事を正統化し、自らを「うつ病患者」として売り出す。

うつ病とは本来、他者を傷つけようとする性質のものではない。大多数の患者は病である事を隠し、戦っている。時には治療薬に頼り、時には家族の庇護を受けながらも、病気を治すために、「決死の覚悟」で戦っている。

私は、以前の私、そう、うつ病だった頃の私を思い出すと今でも涙が止まらなくなる。私は病気と闘い、それを克服した。その過程には、主治医と、妻と、母親と、友人と、治療薬の存在がある。どれ一つ欠けていても私は病に負けていたかもしれない。病気と正面から向き合い、闘い、打ち勝った自分への誇りの念を一生忘れないだろう。理解し、包容してくれた周囲への感謝の念を忘れる事はないだろう。

話が逸れてしまったが、この文章をタイピングしながらも私は先述した輩への怒りが収まらない。

彼らにとって病とは、「治療し、戦い、打ち克つもの」ではない。

彼らにとってのうつ病とは「ネット社会商品価値を高める道具」なのである。

うつ病患者は本来他人に攻撃的では無い

基地外は攻撃的」このような言葉をよく耳にするが、大きな誤解である。

精神病を患った者の大半は他者に対して、優しい。

自分の心の弱さを知っており、身内の優しさ、周囲のサポートを受けているからこそ、他者に優しい。


精神を患っていることを免罪符ネットで他人を傷付ける行為を繰り返す者は、偽りの病である。彼らは他者への攻撃を精神病という免罪符正当化しているだけに過ぎない。彼らのほとんどは、病など患っていない。

彼らの行為は、今、こうしている間にも病と闘っている多くの人の名誉すらも傷つけている。ネット社会における自らの商品価値を高めるために「精神病患者は他者に攻撃的」という誤解を撒き散らしている。

どうか皆さん、騙されないでください。

ブログや、ブックマークコメントTwitterなどで精神病をアピールし、他者を傷つける行為を繰り返す輩へ


今すぐ止めよ

もう一度言う、今すぐ止めよ

君のやっている事は、全国数百万の、病と闘っている者への、これ以上ない侮辱なのだぞ

.

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090216221825
  • anond:20090216221825

    「うつが酷くて布団から出られない。会社を休みたい」 これは否定したい。 この意見はうつを知らない人の言い訳にしか見えない。 うつの時は、なぜ布団から出られないのか分から...

  • 性格のゆがみと病気は区別してほしい

    本気で直そうと思ってる身からすると、「鬱病」といわゆる「メンヘル」とは区別してほしいと節に思う。 元増田ほど激しい事は本当に厳しい状態がもしいたら、と思うととてもかけな...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    ほんと、まじでやめてほしい。 同情してほしいんだと思うんだけど、 見てる方が嫌になるよ。 妹がそれなんだけど、 明るい話題以外書くなって強く言った。 でも聞かないんだ。

  • 他者を攻撃する免罪符は存在しない。ただし「病気のコンテンツ化」自体は問題ないように思う。また、「誤解の解き方」について、気になった点があります。

    うつ病とは本来、他者を傷つけようとする性質のものではない。大多数の患者は病である事を隠し、戦っている。時には治療薬に頼り、時には家族の庇護を受けながらも、病気を治すた...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    自分もいわゆるうつ病だった身だけど、確かに患っているときは敏感で痛みが分かるから「他社に優しく」なるんだよね。 でも、治った途端に何も感じなくなった。昔みたいに、何かを...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    鬱は甘え   ==終了==

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    鬱病患者をでっちあげて健常者を薬漬けにして逃げられなくする悪徳医師が悪い。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217103047

      http://anond.hatelabo.jp/20090217102319 うつっぽい人出現→薬を処方しない→診察料少し うつっぽい人出現→薬を処方する→診察料たくさん。 こうですか?わかりません。

      • http://anond.hatelabo.jp/20090217103047

        よく分からないけど、携帯電話とか自動車の発展が、供給過剰によって引き起こされたコストカット/性能アップの競争だったとすれば、いまのうつ病市場というものも、薬の値段安く...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090217103047

        メンタルヘルスクリニックの儲かる仕組みを調べれ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    うつ病患者は、ぼんやりとした意識の中で、脳内に存在する得体のしれない何かに襲われ、ぼんやりと死を選ぶ。 お布団さんと出れるけどこれは共感できるなー、どっちなんだろう。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    梯子のことか・・・

  • 鬱とかそういう系

    http://anond.hatelabo.jp/20090216221825 これを見た日にこういう内容を書くとは。 とりあえずブームになってるようなのでこの波に乗るしかない、と書いたら誤解されるだろうけどしったこっち...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217124833

      少なくともおまいさんはうつ病というよりは境界性人格障害であることのほうが疑わしい。 虚言癖とか、自分が被害者であるという思い込みとか、ついでにそんな自分がさも神性を帯び...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217124833

      こういうのに言うこときかせるためには、拘束して強制入院とかさせるしかないんだろうな。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217124833

      20過ぎると強制入院ってできないんだよね。 入院しててくれた方がいいのにって思う相手に限って人権だのなんだのを主張しやがるんだよ。 昔黄色い救急車で迎えにくるってのがあっ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090217132722

        横からだが、そんなことはないと思うが・・・「強制入院」とは言わないが、措置入院というのがある。 http://homepage3.nifty.com/kazano/sochi.html というか、統計的に見て、統合失調症とか人口...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217124833

      うつのひどいところからは抜けた自分が書いてみる。 ちなみにうつ歴は片手じゃ足りないくらい。長けりゃ偉いわけじゃないが。 うつになると、動けなかったり、ふつうの生活ができ...

    • 抗うつ薬を巡る最近の動き

      http://www.nhk.or.jp/special/onair/090222.html] NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」 (2月22日放送) 内容:抗うつ薬の過剰投与を批判、認知行動療法を推奨 http://www.asahi.com/health/news...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    鬱だけならその通りなんですが 他の精神病や障害を併発してる場合 障害から鬱症状が出ている場合があることも知ってください。 特に境界性人格障害なんかは自我と他者との間での話...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    鬱だけならその通りなんですが 他の精神病や障害を併発してる場合 障害から鬱症状が出ている場合があることも知ってください。 特に境界性人格障害なんかは自我と他者との間での話...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090217143839

      横ですけど、鬱について思うことは。 周囲の側としては、患者さんは鬱だから、周囲で優しい目で見てあげよう。は当然。 しかし、患者さんの側からして、私は鬱だから優しい目で見て...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090217154729

        横ですけど鬱(に限りませんが)の時に優しくされても申し訳ないだけです。ふつうに接してください普通に。腫れ物に触るような扱いはやめませんか。いやまぁいつどうなるかわから...

        • http://anond.hatelabo.jp/20090217160239

          鬱病の人を、空気のように扱いたくても、実際に公平に査定すると成果が良くないから給料下げるとか首にするとか考え始めなければならんのだが? かといって、普通のノルマを与える...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090217181115

            査定が下がるのは当然では? そもそも仕事内容or量と本人のマッチングが取れてないので鬱になるのだから、「仕事ができない人」という冷淡な目で見られて当然だとは思います。 あな...

  • うつ病患者との付き合い方例

    http://anond.hatelabo.jp/20090216221825 他の人にも「知り合いがうつになったがどう接したらいいかわからん」って話があったし、自分の体験を便乗して書いておく。 当然ながら自分の体験談な...

  • 欝の話題がネットに流れるのがあんまり好きになれない

    『ブログ文化の発達で「うつ病」は商品になった』というはてなダイアリーの記事を見てて思った。自分が欝なら、他人に言えないだろうな、て。それがネット上であっても言えないと思...

  • “うつ病”ぐらいしか並べる商品が他に無い人間の哀しさ

    ブログ文化の発達で「うつ病」は商品になった 一口に鬱病といっても、いろんな程度があるだろうし、うつ病だったからと言って、年がら年中24時間休みなしにうつ状態というわけでも...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    誰かに聞いて貰いたいだけなんだ。 みんなだって、風邪引いたら「熱出ちゃった」「咳が止まりません」とかブログに書くよね? それとおんなじなんです。近況報告みたいなもの。 願...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090218100807

    そりゃ家族にもこんな風に言われるなら病状は変わらんでしょ。 妹の現状を責めて、強く言ったら変わると思ってる? 妹を治したいと思ってる?妹の迷惑な行動を何とかしたい(自分に...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090216221825

    そりゃ家族にもこんな風に言われるなら病状は変わらんでしょ。 妹の現状を責めて、強く言ったら変わると思ってる? 妹を治したいと思ってる?妹の迷惑な行動を何とかしたい(自分に...

  • 他人の痛みは理解できない?

    どんな攻撃的でどんなに迷惑でも、その本人だって苦しんでいる。 「私が許せない」? 私が許せないのはそうやって人の苦しみを「偽りの病」だと言って断罪する元増田の偽りの正義感...

  • やりたいことを思い出す アンパンマンのマーチが伝えたいこと

    アンパンマンのマーチ 最近何かと話題の「うつ」病。悪化しますと「何もできない」状態に陥ってしまいます。何よりもしっかりと休養をとることが重要といわれていますが、「身体」...

記事への反応(ブックマークコメント)