2008-12-19

女子小学生に誘惑(?)された話

枕は関係ない自慢話。

ボクの母親は今はどこにでもいる専業主婦ですが、昔はモデルとか女優とかをやってまして、その頃の写真を見るとまぁ綺麗です。例えると中根かすみのような人なのでした(残念ながら過去形。時は非情)。母から某大物俳優Mの面白い話を聞いたりしていますが、それはまた別の話。

そういうわけでして、ボクにもその血がたっぷりと注ぎ込まれているのです。運良く母親似だったボクは顔には恵まれて鏡を見るたびに見とれてしまうようなナルシストに育ってしまいました(運悪く頭は……ってわけですね)。

いい思いもたくさんしました。電車に乗っていると、いきなり女子高生二人組が寄ってきて「どこの高校通っているんですか?」と聞いてきました。JKは時と場所をわきまえずいつも二人組だ、などと考えながらケータイの連絡先を交換しました。

では、枕はここら辺にして時計の針を進めましょう。ボクはまたもや電車に乗っていました。大学生になったボクは平日の昼間から堂々と乗車する度胸を手に入れてました。ガラガラ電車内、座席の真ん中に座って、何をするでもなく広告や外の景色を眺めていました。

すると、一人の小学生らしき女の子が乗ってきたのです。後から思えば平日の昼間に小学生が、しかも一人で乗ってくるなんてそれだけでどこか日常とズレてるのですが、すっかり大人になったボクはそんなことどうとも思わないほど他人に無関心で冷淡になっているのでした。

彼女はボクの向かい側の座席の左端に座りました。そこでの彼女奇妙な行動がボクの年齢を重ねるごとに減少していた好奇心を刺激したのです。彼女はチラチラとこちらを見ると少しずつ、少しずつ座席を右に移動していきました。何をしているんだろう? 彼女はついにボクの真向かいに移動してきました。このまま右端に行くのだろうか? と思っていると彼女はボクのこと数秒間見つめると、M字開脚のようなポーズを取ったのです。混乱をしたボクはすぐに目をそらしました。彼女スカートをはいており、中の下着が丸見えだったのです。

ロリコン気質のないボクでも胸が高鳴りました。いったい自分の目の前で何が起きているんだろうか? どうすればいいのだろうか?

とりあえずその場を離れようと思い、席を立ちました。ボクは彼女が最初に座った左端、つまり彼女と並んで座ることにしました。その時何故そうしたのかは覚えてません。とりあえず彼女の下着が見えないところに行こうとしたんだと思います。ところがこれで問題解決なわけはなく……彼女はボクの方に寄ってきてあろうことか話しかけてきました。

「ねぇ」

最初は無視してましたが話しかけられた以上、もう席を立つこともできず、彼女も服を引っ張ってくるしで根負けして返事をしました。「なあに?」

「お兄さん、綺麗だね」

この手の言葉の投げかけには長年、どう返答するか苦慮していましたがつい最近ベストと思えるアンサーを発見したのでした。ボクはニッコリと精一杯の笑顔を作って「ありがとう」と答えました。

「今からどこに行くの?」

「ん、大学だよ。……キミは?」

「さぁ……手触っていい?」

「え……ダメだよ」

「なんで?」

「いや、だって……」

「いいじゃん」

触るどころか指を絡ませて握ってくる彼女女子小学生と手を繋いで話している大学生。この光景ってヤバくないか、昨今の状況から考えて、とヒヤヒヤしてしまう。一刻も早く降りたいが、次の駅まではまだまだある。頼む、車掌の気まぐれで時速150キロぐらい出してくれ。

大学って楽しい?」

楽しいよ、友達もたくさんできるよ」

大学って何するの? 遊ぶの?」

「んー、遊んだりもするけれど、勉強するところだね」

勉強って楽しい?」

「うん」

勉強ってどこが楽しいの?」

「えぇーっと、そうだね……色んなこと知るのって楽しいと思わない?」

「わからない」

「例えばさぁ、旅行に行くのって楽しいでしょ? 行ったことのない場所に行って見たこともないものを見たり聞いたりするのって楽しいんだよ。勉強って頭の中だけで旅行するようなものだよ」

彼女はよくわからないといった感じで「ふぅーん」と呟いた。電車内に「もうすぐ次の駅につきます」とアナウンスが流れる。すかさず「あ、俺次で降りるからさ」と彼女が握っている手を離そうとするが、彼女は拒んでいっそう手に力をこめる。

「ねぇ、さっき見たよね?」

「え?」

「さっき、わたしのパンツ見たよね」

「な、なに言ってるの?」

「どう思った?」

「いや、降りるからさ」

「どう思ったの?」

「どうも思わないよ!」

そう言うと彼女はうつむきました。しまった、これってもしかして泣いて叫んで痴漢成立か? ボクはロリコンとして社会的に抹殺されてしまうのか? 退路を絶たれた上に一生後ろ指を差されて過ごすことになるのか? やばい、早くこの場を離れなければ。

すると、彼女はもう一方の手でポケットに手を突っ込むと中から携帯電話を取り出した。彼女は「アドレス交換しよう」と言うが、ボクは「ごめん、今壊れてるんだ」と言い、電車が駅についたのを見て無理やり手をほどいて足早に降りた。彼女は追ってくることもなく、ボクは階段を降りながら電車が去っていくのを確認すると、その場に座り込み、彼女携帯電話プリペイドだったことを思い出すのでした。

以上、昨日のできごとです。これといった物語らしいオチが用意されていないあたりがやはりそこは現実で、物語が終わったあとの出来事、というほどの色気あるものもないと思います。彼女とはもう一生会うことはないだろうし、回想も数回だけしてすっかり忘れるでしょう。彼女はいったいどこから来てどこに行くつもりでなにが目的だったのか? 考えたって答えが出ないところが現実の面白いところです。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20081219060401
  • http://anond.hatelabo.jp/20081219060401

    はいはい作り話作り話。 キレイな顔の大学生に彼女がいないわけないし、いちいちロリに反応するかよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20081219060401

    そういう少女は大抵性的虐待の被害者なのは世の常識だと思います。

  • http://anond.hatelabo.jp/20081219060401

    >回想も数回だけしてすっかり忘れる 何故回想する必要があるのかkwsk

  • http://anond.hatelabo.jp/20081219060401

    新手の美人ステーションだなっ! 手を出すと怖い(制服を着た)おじさんがでてくると。 小中学生はあやうすぎる。 俺も最近11歳の子に彼氏になってくださいって言われた。 ネット...

    • http://anond.hatelabo.jp/20081219132930

      自分が小学校の高学年の時もそんな感じだったなー。とにかくなんとか大人の男の人と付き合ってみたかった。好奇心もあるし、同級生より早く大人になりたいっていう気持ちもあったし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20081219060401

    「羨ましい」みたいな反応が結構あって驚く。 むちゃくちゃ気持ち悪くねえ?特にM字開脚とか。 「犯罪に巻き込まれそう」とか「美人局かも」とか言う問題じゃなくてさ。 そんな事す...

記事への反応(ブックマークコメント)