2008-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20081017222515

 ここでクリーニング屋でバイトしてた私が来ましたよっと。

 まず大前提クリーニングは、生地を傷める。頻繁にクリーニングに出せば汚れを落としてキレイに保てると勘違いしてる人がいるかも知れないけど、それは間違い。頻繁にクリーニングすれば、色があせたり生地が薄くなったりするだけ。ふきんやタオルみたいによく使いよく洗うものは、長く使えば使うほど生地がへたって薄くなっていくでしょう? 同じことです。

 店頭では口が裂けても言わないけど、クリーニングに出すのは季節の変わり目の半年にいっぺんくらいでokなんですよ。そのときにも「汚れを落とす」ってんじゃなく「キレイプレスをかけておく」くらいの気持ちで出さないと。だって、普通ドライクリーニングでは増田が気にしてる汗の汚れなんてほとんど落ちないから。半年経ってひっぱりだしてきたスーツが変色したりカビが生えたりしてるのは、スーツの生地のなかに汗の汚れが残ってるから。ダブルクリーニングとか、イオンクリーニング、水洗いクリーニングとかいう汗汚れ用の洗いに出すのも手だけど、汚れ落としが強力な分、生地の傷みも早いよ。

 ではどうすればいいかというと、スーツを着るごとに手入れをするしかないんです。具体的には

http://www.mynote.co.jp/mdsuit.htm

http://www.ft-style.com/dictionary_care.html

 こんな感じ。つまり帰宅したら即、ポケットの中身を取り出してハンガーにかけ、軽くブラッシングしてほこりをとったらスーツが湿るくらい霧吹きで水を吹きかけて直射日光の当たらない風通しのいいところに形を整えて干しておく。どうですか、すげえ面倒くさいでしょう。すげえ面倒なんですけど、これでシワも取れるし、汗臭さもなくなるんです。これは自分のスーツで実証済みで、私は就活が終わるまで一度もクリーニングなんか出さなかった。手間さえかければそれでキレイに保てるんです。

 ただ、基本的にスーツは汗をかいて着るものじゃない。クリーニング屋にスーツを持ってくる人はそこらへんを誤解してるよ。汗をかいても汚してクリーニングなら取れるだろうと思ってるけど、取れませんから。普段の手入れが悪い品物に強力な洗いをかけたら、生地が傷んで破損するだけ。だから汚いorぼろい品物はアレコレ理由つけて丁重にお断りするんです。破損したら弁償するのはこっちだからね。

 そういうわけで、本当にスーツを大切に着たいならYシャツの下にランニングシャツじゃない下着を着るのはもちろんのこと、夏場でもズボン下を穿くくらいの心意気が必要です。女性も同じ。ブラのうえに直接シャツを着るのじゃなく、上にも下にも一枚汗をよく吸う下着を着て下さい。それが面倒なら、一年以内につぶす覚悟で安いスーツを大量購入するのも一つの手ですね。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20081018010245
  • スーツとか

    汗かいて臭いがいやーん状態になったとき、増田たちはどう対処してるんだい とりあえずファブリーズしゅっしゅして、時々クリーニング出してるけどなんとなく落ち着かない…。 だが...

記事への反応(ブックマークコメント)