2008-07-16

大学での講演(耳をすませばを引き合いに出しての話)』 押井守1999年

「こういう例を出して適切かどうか分からないけど、『耳をすませば』に出てくるような健康的な一家を見て、果たしてアニメーションを必要としている今の若い子たちが勇気づけられることがあるんだろうか。


僕は、ないと思う。『耳をすませば』を見て生きる希望がわいてきたり勇気づけられる子は、もともとアニメーションなんか必要としないんだと。


アニメでも映画でも小説でも何でもいいけど、フィクションを人並み以上に求めている子たちには、ああいう形で理想情熱を語られても、むしろプレッシャーにしか感じられないはずだ。僕はそういうものは作らない。


今回もそうだけど、僕が作っているものにあるのは、生きるということはどう考えたってつらいんだ。


多分、あなた方を取り巻く現実もこれからの人生も、きっとつらいものに違いない。いろんなものを失っていく過程なんだということ。


生きていれば何かを獲得すると若い人は漠然と思っているんだろうけど、実際は失っていく過程なんだよって。 」

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080716061204
  • http://anond.hatelabo.jp/20080716061204

    つうか押井がサブカルでジブリがメジャーである理由になってないというか、だからいつまでもサブカルなんだよというか。 押井が言ってることはわかるが、だからって希望や勇気を持...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080716082444

      たぶん押井の「表現したいこと」「伝えたいこと」がアニメーションという「表現手法」では間違っているということなのだとおもふ。 アニメーションの可能性ってそんなに低い物だ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080716061204

    愛犬が死んでナーバスになってた時期かな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20080716061204

    僕は、ないと思う。『耳をすませば』を見て生きる希望がわいてきたり勇気づけられる子は、もともとアニメーションなんか必要としないんだと。 別に希望をわかせたり、勇気付けら...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080716061204

    常々思ってるんだけど、そこまで言うなら押井守はノンフィクションをやればいいのに。 今回もそうだけど、僕が作っているものにあるのは、生きるということはどう考えたってつらい...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080716231240

      そうやって実写をやった庵野はダメだったからな、、、

    • http://anond.hatelabo.jp/20080716231240

      常々思ってるんだけど、そこまで言うなら押井守はノンフィクションをやればいいのに。 今回もそうだけど、僕が作っているものにあるのは、生きるということはどう考えたってつ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080716231240

    庵野がやったのは村上龍の小説の映画化だから http://anond.hatelabo.jp/20080716061204 で 常々思ってるんだけど、そこまで言うなら押井守はノンフィクションをやればいいのに と書かれてるこ...

記事への反応(ブックマークコメント)