2008-01-24

Last.fm音楽を解き放て」

はてブ付いてたので見直してみたら、誤訳や抜けが複数箇所。微妙な違いは印なしで訂正、意味が変わった部分は削除・挿入をマークアップしました。(2008-01-24 20:30)

Last.fm が「定額購読」「再生の度にアーティストに支払い」な音楽ストリーミングサービスを始めると発表

定額購読はnapsterとかと一緒だけど、アーティストに直接払うというのが新しい。

頑張ってかなり適当に訳してみたよ。

数日前に報道関係者に謎めいた招待状を送ったあと、

我々は、噂や推測がそこらに飛び交うのを楽しんでみていたのですが、

そろそろお伝えしてもいいでしょう。

本日をもってLast.fm では、トラックの長さ制限がなくなり、

アルバムまるごと無料再生できるようになります

どんな曲でも無料で聴きたいという我々の、そしてリスナーたちの積年の願いがついに実現しました。

これはEMI, Sony BMG, Universal, Warner,そこに所属するアーティストたち、

そして無数の独立アーティストレーベルの協力のおかげです。

我々は、世界最大の合法的な音楽コレクションを、無料で提供できることになりました。

長さ制限がなくなったのは米国英国ドイツだけですが、

他の国にも順次広げるべく努力しています。

最初のベータ期間では、3回まで無料で聴くことができ、

それ以上は購読サービスの加入が求められます。

それ以上聴こうとすると準備中の購読サービスへの案内が表示されます。

この購読サービスはもうすぐ発表されますが、

完全に無制限な再生機能とともに他の追加機能を含んでいます。

デスクトップクライアントにも同じ機能を搭載する予定です。

長さ制限の撤廃はリスナーだけでなく、アーティストレーベルにとっても朗報になるでしょう。

アーティストたちには、再生のたびにお金が入ります。

Last.fmに置かれた音楽は永久にお金を産み続けます。

これにより、人気のあるアーティストほど、多くのお金を手にできるようになります。

我々はアーティストに直接支払います

我々はすでにいくつもの権利団体からの許諾を買っていました受けていますが、

これからは楽曲が再生されるたび、独立アーティストが直接にお金を手にできます。

これにより公平な競争が可能になり、あなたも音楽を作り、アップロードして、収入を得ることができるのです。音楽を作れる人はこちらへどうぞ。参加は無料です

お金がいったいどこから出てくるのかというと…

広告収入の一部をアーティストレーベルに支払う―これがビジネスモデルです。


我々は音楽経済を再設計します。近年、音楽経済は再設計されつつあります。

Last.fmにはすでに数百万のトラック再生可能な状態にあり、

日々追加されていきます。

世界のすべての人々にこれを届けるべく、これからも頑張ります。

一曲どうですか?

公式ブログに掲載された元記事

Last.fm ?? the Blog ?? Free the Music

Diggの反応

Digg - Last.fm frees the music

蛇足

カナダ人の不遇さに泣いた

http://blog.last.fm/2008/01/23/free-the-music#c001934 カナダに愛を!

http://blog.last.fm/2008/01/23/free-the-music#c001945 なんでカナダダメなんだよ。カナダなめると痛い目会うお(AA略

http://blog.last.fm/2008/01/23/free-the-music#c001949 相変わらず、真北なのにも関わらずカナダのスルーされっぷりは異常

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080124035930

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)