2007-12-08

公務員改革キャリア制廃止は口だけ

まず、財務省にあらずんば人にあらず。東大法学部でなければ、低学歴現役で1種試験上位合格でなければ、出世ラインには乗れない。

厚生労働省などは三流キャリアが行くところ。防衛省はバカが行くところ。

キャリアの中には更に上のキャリアがある複雑怪奇カースト制度だ。この制度で階位が下の者に敗者復活はない。

40歳を過ぎると肩たたきにあい、天下りを順次していくが、それも自分の意思では決められない。カースト制度にそった天下り先を割り当てられる。

それが、厳格な秩序に基づいて、下々にまで染み付いている身分制度

官僚公務員は嫌な上司のメチャクチャな命令でも、忠実に従う。

しかし、人事制度に口を挟むことは、絶対に許さない。組織を挙げて潰す。田中真紀子しかり、小池百合子しかりだ。

鉄壁キャリア制度は壊れない。政府も口だけで、壊すつもりはさらさらないだろう。なぜなら、政府はこの制度の恩恵を受けている官僚に支えられているからだ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20071208125901

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん