2007-04-05

社会人のための呪術入門

はじめに

社会人の皆さん、おめでとうございます。新しい環境に挑むって大変ですよね。どうですか?うまくやっていけそうですか?それとも早くも嫌になっていますか?

今日は、新社会人のうちくじけてしまいそうな人たちのためにとっておきの呪いをご紹介いたします。

呪術の二体系

呪術には大きく分けて2種類あります。

今日皆さんに紹介するのは、類感呪術です。

呪術を作成してみましょう

類感呪術の基本は、類似したものは影響しあうということです。良いものごとの外形を真似ることで、良い結果を引き寄せることができると信じて行うのが類感呪術です。

それでは魔術を組み立てていきましょう。たったの3ステップです!

  • 対象とする良い物事を決める

ターゲットとするのは、凄い新人、すばらしい新人になることです。元から凄い新人、すばらしい新人である方は呪術は必要ありませんから、行わないでください。

また、自分がすばらしい新人であるからといって、いきなりすばらしい中堅をターゲットとすると自分とかけ離れすぎていて「類似である」ことを維持するための負担が大きく、多くの場合維持に失敗して呪術が崩壊します。呪術の崩壊時には負担に相応の呪いのよりもどしがありますから、無理は禁物です。そういう場合は無難に地力をつけてから行いましょう。

  • 対象を観察する

新人の中で最もできる者をよく観察してみましょう。よりよく模倣するために「なぜその仕草が起きているのか」を突き止めるとよりよい結果が得られます。新人が五十歩百歩である場合、各々の新人の良いところを兼ね備えた人間や、世間一般で言われている理想の新人像を自社に当てはめてアレンジした「仮想スーパー新人」を想像してそのような者ならどう振舞うか考えてみましょう。

  • 自分の動作に取り込む

そのまま実行するとあまりにも単なる真似になってしまい、呪術を実行していることが衆目に晒されて効果が薄くなってしまいます。自分の現在の動作をよく見て、誰もいないところで模倣を試み、会社では少しづつ取り入れましょう。

呪術の具体例(他人の行動の類感)
視線の呪術
できる人で背を丸めて首を曲げ足元を見ながら歩く者は稀です。視線を上げ、歩く時に自分の足が見えないようにしてから歩きましょう。その状態で高速に歩けばいかにもやる気がある歩き方になります。
輪唱呪術
人から物を聞いた時、指示を受けた時はその物事を口に出して再生し、相手の存在共振しましょう。共振中は自分と相手の存在が重なり指示の内容がより明確にわかるようになります。また重なることによって相手に相違点が見えやすくなるため修正指示が得やすくなります。
仮面呪術
暗い表情をして伏目がちになっている凄い新人などありえません。暗い表情を特に作らねばならない時を除き、目と口角を使って笑み続けましょう。

あまり笑っていると笑っている理由を聞かれることがありますが、ここで「特に何も」といってはいけません。呪術が破れます。嘘の理由をでっち上げるのは良いですが、それを維持するのは別の困難を伴いますのでなるべくやめましょう。嘘がばれても呪術が崩壊します。おすすめなのは普段から理由を探してストックしておくことです。

  • 朝気持ちよく起きることができた
  • おつうじがよかった
  • 隣の家の庭できれいな花が咲いた
  • 電車の接続が良かった
  • 昼飯の定食が美味かった

など、くだらないことでも良いので毎日見つけておきましょう。

どうしても見つからない場合は「ないしょです♥」などと笑ってごまかしましょう。

呪術の具体例(器物の類感)
心臓呪術
指示を聞く時には相手に向かって体の正面を向け、心臓を相手の口に近づけます。全くやる気がなくても心臓で聞くようにするだけで、やる気を呼び起こす呪術になります。(頭で聞くのではなくて心で聞く、の類感)
筆の呪術
指示を聞く、物事を覚えるなどが必要な時、暗記を行いながらノートメモ帳に文字で書き、メモに書くのと同時に頭の後ろから鉛筆を差し込んでメモを書くイメージを行いましょう。記憶しやすく長く残せる呪術になります。(ノートと脳の見立てによる類感)
自分でも作ってみましょう

上記のように、呪術自作できます。無理のない模倣行動によって、無理のない範囲で幸せが訪れるでしょう。レッツエンジョイ呪術ライフ

まとめ
トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20070405081012

記事への反応(ブックマークコメント)